竹細工・有馬籠の公式サイト

有馬籠の歴史

竹工芸の職人画像


有馬籠の歴史は大変古く、その発祥は安土桃山時代と伝えられています。

京都市の東本願寺に所蔵されている「顕如上人貝塚御座所日記」には、「天正13年(1585年)9月13日、有馬に入湯した顕如上人が、豊臣秀吉公の正室 北政所(寧々)に“有馬籠”を贈った。」と記されており、この頃には有馬籠が湯治客の土産品となっていたことが伺えます。

その後、江戸時代に著名な名産品として様々な書物で紹介された有馬籠は、明治6年にオーストリアで開催されたウィーン万国博覧会に出品し優秀賞を受賞しました。 ここから次第に産業としても発展し、大正時代の全盛期には従業者が70名余りに達し、「籠屋町」という町を形成したほどでした。 この頃、現在竹細工が盛んな九州の別府へも有馬籠の籠師が出向き、竹細工の技法や技術などを伝えたとされています。

しかし、1945年頃には、安価で大量生産できるプラスチック製品が出回ったことや、第二次世界大戦の影響で従事者が著しく減少したこと、経済成長の中で後継者が不足したこと、などが原因となり、次第に衰退してしまいました。現在、四代目轡昭竹斎を筆頭とする当工房の職人のみが、伝統的な技術を引きつぎ有馬籠を製造しています。