伝統竹工芸品「有馬籠(ありまかご)」の公式サイトです。|歴史

  • 有馬籠の歴史
  • 有馬籠について
  • 有馬籠の直営店
  • 製品
  • お問い合わせ

HISTORY有馬籠の歴史

有馬籠の歴史は大変古く、その発祥は安土桃山時代と伝えられています。

Arimakago’s history is extremely long, and its origins are said to be in the Azuchi-Momoyama period (1558-1600).

京都市の東本願寺に所蔵されている「顕如上人貝塚御座所日記」には、「天正13年(1585年)9月13日、有馬に入湯した顕如上人が、豊臣秀吉公の正室 北政所(寧々)に“有馬籠”を贈った。」と記されており、この頃には有馬籠が湯治客の土産品となっていたことが伺えます。

In the diary of Kennyo Shonin, which is in the possession of the Higashi Honganji temple in Kyoto, it is written that: “Kennyo Shonin, who bathed at Arima on September 13th, 1585, gave ‘Arimakago’ to Kita no Mandokoro (Nene), wife of Lord Hideyoshi Toyotomi.” It has been said that at that time, Arimakago became a souvenir for hot spring visitors.

その後、江戸時代に著名な名産品として様々な書物で紹介された有馬籠は、明治6年にオーストリアで開催されたウィーン万国博覧会に出品し優秀賞を受賞しました。 ここから次第に産業としても発展し、大正時代の全盛期には従業者が70名余りに達し、「籠屋町」という町を形成したほどでした。 この頃、現在竹細工が盛んな九州の別府へも有馬籠の籠師が出向き、竹細工の技法や技術などを伝えたとされています。

After that, in the Edo period (1603-1868), Arimakago was profiled in various books as a well-known local specialty product. Arimakago was exhibited at the world’s fair held in Vienna in 1873, where it won an award of excellence. From that point, Arimakago developed as an industry, if gradually. During the company’s heyday in the Taisho period (1912-1926), it had over 70 employees, and was large enough to found a town called Kagoyamachi (meaning “Basket Maker’s Town”). At that time, Arimakago basket makers moved to Beppu in Kyushu, which was then experiencing a bamboo ware boom, and they are said to have imparted the techniques and skills of bamboo working.

しかし、1945年頃には、安価で大量生産できるプラスチック製品が出回ったことや、第二次世界大戦の影響で従事者が著しく減少したこと、経済成長の中で後継者が不足したこと、などが原因となり、次第に衰退してしまいました。現在、四代目轡昭竹斎を筆頭とする当工房の職人のみが、伝統的な技術を引きつぎ有馬籠を製造しています。

However, around 1945, the appearance on the market of cheap, mass-produced plastic products, the significant decrease in available workers due to World War II, the lack of successors amid economic growth, and other factors led to a gradual decline. Today, led by fourth-generation proprietor Shochikusai Kutsuwa, the artisans at this workshop alone carry on the traditional techniques for producing Arimakago.